· 

OCMでWebページを作ってみた その2

はじめに

みなさまお久しぶりです!

私(s-izu)はOracle Cloud Infrastructure2年生のミドルエイジのエンジニア。

 

先日、Oracle Content Managementを用いて簡単なWebサイトを作成して公開した。このサイトは弊社が提供する脆弱性診断サービスの紹介ページだ。ページの作成を通じてOCMの操作を学習できたのでブログで共有したい。

参考:安心安全対策サービス紹介ページ ←OCMを使って構築したWebサイトです

 

この記事は全2回の記事の2回目。この記事ではOCMを用いたWebサイト作成および公開について説明する。

なおこれは連載記事の2回目。(前回の記事はこちら)

 

概要

前回の記事ではOCMインスタンスを作成し、Webサイト作成の前準備を行いました。

 

この記事ではWebサイトデザインの編集から公開までを説明します。

  1.  OCMインスタンス作成
  2.  サイト構築前の準備
  3.  Webサイト構築
  4.  Webサイトの配信

この記事では3,4について説明します。

Webサイト構築

サイトの作成後はWebページのデザインを編集していきます。

 

まず初めにサイトを開きます。その後、画面上部のトグルボタンをクリックし「表示⇒編集」へ切り替えてください。編集へ切り替えると新規更新ウィンドウがポップアップします。任意の更新名と説明を記入しOKをクリックしてください。

 

これで編集モードへ切り替わりました、この編集モードでの編集結果をベースサイトにコミットすることでWebサイトを更新していきます。

 

編集モードへ切り替えると左側のペインを開けるようになります。左側のペインの項目からページの階層を確認したり、Webサイトの編集をしたり、SEO対策が設定できるようになっています。