· 

OCIインスタンスを停止せずにブート・ボリュームを拡張する方法

こんにちは、Tachanです。

 

つい最近ですが、当ブログのRSSボタンを用意いたしました!

ページ下部から取得できますので、ご設定いただけますと幸いです。

 

今回はインスタンスを起動したまま、ディスクの容量を拡大してみます!

使うリソースは、インスタンスとブート・ボリュームで

主にSSHアクセスで操作していきます。

ブロック・ボリュームとは

ブロック・ボリュームの1つで、インスタンスを起動するのに必要なファイルが保存されているストレージです。

インスタンスを作成すると自動的にブート・ボリュームが作成されます。

 

インスタンスを終了するときに、一緒にブート・ボリュームを削除することができますが

そのまま残しておき、新規インスタンスに適用することも可能です。

拡張手順 ①現在のボリュームサイズ確認

①ディスク容量確認

以下のコマンドで現在のディスク容量を確認します。

 

$ lsblk

NAME   MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT

sda      8:0    0   47G  0 disk #現在は47GBの容量

tqsda1   8:1    0  512M  0 part /boot/efi

tqsda2   8:2    0    8G  0 part [SWAP]

mqsda3   8:3    0 38.1G  0 part /

 

$ df -h

Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on

devtmpfs        7.6G     0  7.6G   0% /dev

tmpfs           7.7G     0  7.7G   0% /dev/shm

tmpfs           7.7G   17M  7.7G   1% /run

tmpfs           7.7G     0  7.7G   0% /sys/fs/cgroup

/dev/sda3        39G  7.7G   31G  20% / #今回はsda3の容量を増やす

/dev/sda1       512M   12M  501M   3% /boot/efi

tmpfs           1.6G     0  1.6G   0% /run/user/994

tmpfs           1.6G     0  1.6G   0% /run/user/1000

 

 

また、ボリュームはGUIからも確認ができます。

拡張手順 ②ボリュームサイズの変更

GUIから、ボリュームサイズを47GBから70GBに変更します。

変更を保存すると、プロビジョニング後に実行するコマンドが表示されるので控えておきます。

拡張手順 ③パーティションの設定

 ボリュームの適用後、拡張手順②で控えたコマンドを実行し、パーティションを拡張します。

仕様インスタンスのOSによってパーティション拡張の手順が異なります。

 

Oracle Linux使用している場合、Oracle Linuxを簡単に操作できるように事前にインストールされたパッケージがあります。

ここでは、ルート・ファイルシステムを構成したサイズに拡張するoci-growfsを使います。

Windowsを使用している場合、Windowsインタフェース、またはコマンドラインからDISKPARTを使用してパーティションを拡張します。

 

手順などの詳細は以下のヘルプから確認が可能です。

https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/Block/Tasks/extendingbootpartition.htm

 

今回はLinuxのCentOS 7を使用している場合の手順をご紹介します。

 

まず、GUIDパーティションテーブル(GPT)をインストールします。

GPTはLinux環境でよく利用されているパーティション拡張ツールです。

 

$ sudo yum install gdisk

 

次に、growpartコマンドでパーティション拡張します。

ここでは拡張したいデバイス名を引数に指定しコマンドを実行します。(今回はsda3を拡張)

$ sudo growpart /dev/sda 3

 

パーティション情報をプリントすると、sda3が拡張されているのが確認できます。

$ sudo parted /dev/sda print

Model: ORACLE BlockVolume (scsi)

Disk /dev/sda: 75.2GB

Sector size (logical/physical): 512B/4096B

Partition Table: gpt

Disk Flags:

 

Number  Start   End     Size    File system     Name                  Flags

 1      1049kB  538MB   537MB   fat16           EFI System Partition  boot

 2      538MB   9128MB  8590MB  linux-swap(v1)

 3      9128MB  75.2GB  66.0GB  xfs

 

次にsda3ではXFSのファイルシステムを使用しているため、XFSのサイズ拡張を行います。

XFSファイルシステムのサイズは、ファイルシステムがマウントされているとき

xfs_growfsコマンドを使用して増加させることができます。

$ sudo xfs_growfs -d /

meta-data=/dev/sda3              isize=512    agcount=4, agsize=2495232 blks

         =                       sectsz=4096  attr=2, projid32bit=1

         =                       crc=1        finobt=0 spinodes=0

data     =                       bsize=4096   blocks=9980928, imaxpct=25

         =                       sunit=0      swidth=0 blks

naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=1

log      =internal               bsize=4096   blocks=4873, version=2

         =                       sectsz=4096  sunit=1 blks, lazy-count=1

realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0

data blocks changed from 9980928 to 16121595

拡張手順 ④拡張後のボリューム確認

拡張は完了したので、再度ディスク容量を確認します。

 

$ lsblk

NAME   MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT

sda      8:0    0   70G  0 disk  #GUIで変更した70GBが適用されている

tqsda1   8:1    0  512M  0 part /boot/efi

tqsda2   8:2    0    8G  0 part [SWAP]

mqsda3   8:3    0 61.5G  0 part /

 

$ df -h

Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on

devtmpfs        7.6G     0  7.6G   0% /dev

tmpfs           7.7G     0  7.7G   0% /dev/shm

tmpfs           7.7G   17M  7.7G   1% /run

tmpfs           7.7G     0  7.7G   0% /sys/fs/cgroup

/dev/sda3        62G  7.7G   54G  13% / #sda3に拡張した容量が割り当てられている

/dev/sda1       512M   12M  501M   3% /boot/efi

tmpfs           1.6G     0  1.6G   0% /run/user/994

tmpfs           1.6G     0  1.6G   0% /run/user/1000

最後に

以上で、インスタンスを起動したまま、ブート・ボリュームの拡張をすることができました!

インスタンスを停止させることなく拡張できるのは、可用性も上がりますしありがたい限りですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

(RSSボタンは右下にあります!)