· 

OCI上のKubernetes(OKE) を使ってみる

こんにちは!テリロジーのY.Tです。

今回はOCIのContainer Engine for Kubernetes(OKE)をご紹介していきます。

 

OKEとは、OCI上で利用可能なKubernetesの環境のことです。

Kubernetesは、コンテナの管理が可能なOSSのプラットフォームであり、コンテナの自動構築、スケーリング、

各コンテナへの負荷分散することができます。OKEでは、利用するうえで必要なネットワークやコンテナの基盤となるワーカー・ノード(インスタンス)構築の設定を、容易に実施することができます。

※コンテナについて、「OCIのコンテナレジストリサービス」でご紹介していますのでよろしければご参照ください

 

ここでは、実際にOKEを作成し、作成方法必要な設定について確認していきます。

 

1.Kubernetesの構成

2.OKEの構成と作成方法

3.OKE「クイック作成」の実施

1.Kubernetesの構成

OKEを構築後、kubectlというKubernetes を操作するコマンドを利用し、Podのステータス確認や作成などができます。新規にPodやロードバランサーなどのサービスを作成する場合は「マニフェスト」内にポート番号などを指定し、kubectlコマンドで対象のマニフェストを実行することで、Kubernetes 上に環境を作成することが出来ます。

・コントロールプレーン:kubectlコマンドでマニフェストを送信する対象の領域

・データプレーン:すべてのノード(インスタンス)

・ノードプール:一つ以上のノード(インスタンス)が所属しているグループ

・ポッド:一つ以上のコンテナが所属しているグループ

構成例)

 

また、クラスタ内のノードやポッドでの障害時、スケーリングの対象別に、以下の自動スケーリングの機能を利用することができます。

・Kubernetes Cluster Autoscaler:ノードの自動スケーリング

・Kubernetes Horizontal Pod Autoscaler:ポッドの自動スケーリング

・Kubernetes Vertical Pod Autoscaler:コンテナの自動スケーリング

2.OKEの構成と作成方法

 OKEを作成する場合、指定が必要になるOCI上のコンポーネントは以下です。

・コンパートメント

・仮想クラウドネットワーク(VCN)

・ロードバランサーのサブネット

・APIエンドポイントのサブネット(Kubernetes環境接続用)

・インターネットゲートウェイ ※パブリックに構築する場合

・NATゲートウェイ、サービスゲートウェイ ※プライベートに構築する場合

・新規に作成するワーカー・ノード(インスタンス)のシェイプ、数、ドメイン、サブネット

・ルート表

・セキュリティリスト

上記のコンポーネントを全て指定して作成する「カスタム作成」、また、ネットワーク環境などが自動で作成される「クイック作成」のいずれかを選択し、OKEを作成することが出来ます。

3.OKE「クイック作成」の実施

ここでは、「クイック作成」から、OKEを作成していきます。

OCI Webコンソールの「開発者サービス」>「Kubernetesクラスタ(OKE)」へ推移し、「クイック作成」をクリックします。

「クイック作成」の場合、既存の環境と分離してOKEの環境を作成することができ、

以下が新規に自動で作成されます。

・仮想クラウドネットワーク(VCN)

・インターネットゲートウェイ

・NATゲートウェイ、サービスゲートウェイ

また、以下は自動で設定されます。

・ロードバランサー(パブリックサブネット)

 ※ロードバランサーをプライベートサブネットに配置する場合は、「カスタム作成」で作成する必要があります

・新規に作成するワーカー・ノード(インスタンス)のシェイプ、数、サブネット

 ※新規に作成するワーカー・ノード(インスタンス)のサブネットはパブリック/プライベートのいずれかが
  指定可能です。新規VCN内に作成するため、既存のサブネットを指定することはできません

「クイック作成」を選択後、「ワークフローの起動」をクリックすると、以下の設定画面が表示されます。

 

コンパートメント、エンドポイントとワーカー・ノードのサブネット(パブリック/プライベート)やシェイプなどを

指定します。

また、「拡張オプション」をクリックすると、ワーカー・ノードのSSHキーがダウンロードできます。

 

設定後、クラスタを作成すると、仮想クラウドネットワーク(VCN)、サブネット、セキュリティリスト、

インターネットゲートウェイなどが自動で作成されていることが確認できます。

新規に作成されたVCNとサブネットの例
新規に作成されたVCNとサブネットの例

まとめ

今回はKubernetesの概要とOKEのご紹介をしました。

次回は「カスタム作成」で、プライベート環境にOKEを作成し、kubectlコマンドを使って、

実際にOKEにアクセスしたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。🙇