· 

OCVSをデプロイしてみた 前半

みなさま、こんにちは。Tachanです🌸

今回はOCIVMWareソリューションのOCVSについてご紹介します

OCVSとは

OCVSとは、「Oracle Cloud VMware Solution」の略で、

OCI上で提供されているVMware SoftwareOracle Cloud Infrastructureの統合されたソリューションサービスです。

OCVSでは、専有のVMware環境が提供され、ユーザーによる制御がすべて可能になります。

 

また、管理画面やツールもオンプレミス環境と同じものを使うことができるため、

オンプレミス同様の操作性を実現しながら、クラウド・サービスと容易に連携することができます。

OCVSのデプロイ概要

今回のデプロイが完成すると以下の構成が作成できます。 

OCVSではSDDC()を作成することで、以下のコンポーネントを一度に構築できます。

VMware vSphere ESXi

VMware vSAN

VMware vCenter

VMware NSX - T

VMware HCX (オプション)

SDDC・・・コンピュート、ネットワーク、ストレージなど、リソース全体を仮想化し、

ソフトウェアで各コンポーネントを制御するシステムのこと

 

また、デプロイ手順は6つのステップで進めていきます。

前半では「⓪事前準備」~「②SDDCと各ネットワークを接続」までを記載しています。

 

⓪事前準備

SDDCの作成

SDDCと各ネットワークを接続

 ・VCNリソースへの接続

 ・インターネットへの接続

 ・Oracle Services network (OSN)への接続

VMware vSphere Client接続 (次回の記事でご紹介)

VMware 新規仮想マシン作成

⑤各ネットワークへの疎通確認

 ・VCNリソース接続

 ・インターネットへの接続

 ・Oracle Services network (OSN)への接続

 

デプロイ手順0:事前準備

OCVS作成の前に、以下の確認を行います。

 

・サービス制限の確認

現在の環境でSDDCの作成に必要なリソースが使用可能か確認してください。

サービス制限の上限に達している場合、サービス制限引き上げの申請が必要になります。

サービス制限の確認は、[ホーム] > [ガバナンスと管理] > [制限、割当ておよび使用状況]ページより、

コンパートメントとサービス(VMWare Solution)を指定することで確認ができます。

 

 SSHキーの用意

SDDC作成に当たり、SSHキーが必要になります。

 

SDDC作成画面から新規SSHキーを作ることはできないため、事前に用意が必要です。

デプロイ手順①:SDDCの作成

OCIの管理コンソールよりSDDCの作成を行います。

 

[ホーム画面] > [ハイブリッド] > [VMWareソリューション] を選択します。

SDDC画面より、新規SDDCを作成します。

基本情報では、作成するコンポーネントについて設定します。

SDDC

・SDDC配置コンパートメント

HCXの有効化設定 ※作成後に有効化できないので注意

 

VMWareソフトウェアバージョン

 

・価格設定間隔コミットメント ※課金時間の設定を誤ると請求が高額になるため注意

 今回は毎時コミットメントに設定しました。

 

ESXiホスト数

ESXiホスト名の接頭辞

SSHキーのアップロード(事前準備したSSHキー)

 

・タグ設定

ネットワーキングでは、SDDCを配置するサブネットやVLANの設定を行います。

・配置VCN

・配置サブネット

 ・新規サブネットの場合、新規のCIDR情報を入力します

 ・既存サブネットの場合、配置するサブネットを選択します

 

NATゲートウェイ

 ・配置VCNNATゲートウェイがない場合、SDDCの作成と同時に、新規NATゲートウェイが作成されます。

 

・自動作成されるVLANの一覧の表示

 

SDDCワークロードネットワーク(仮想マシンが使うネットワーク)

基本情報とネットワーキングの設定を確認し「SDDCの作成」をクリックすると

SDDCが作成されます。

SDDCのプロビジョニングが開始されます。

■プロビジョニングの注意点

・プロビジョニングに2時間半ほどかかります

リソースのプロビジョニングの際、エラーが発生することがありますが

 「プロビジョニングの再試行」を押すと問題解決できます

作成が完了しました!

SDDCの詳細画面をみると、vCenterNSXマネージャー、HCXマネージャー、

3台のESXiホストが作成されていることがわかります。

OCVSを利用することで、vCenter、NSX、HCXを個別に準備する必要もなく、ESXiホストも自動で作成が行われます。

非常に簡単にSDDCの作成を行うことができます!!

デプロイ手順②:SDDCと各ネットワークを接続

次に、作成したSDDCOCIの各リソースに接続させます。

今回は、

VCNリソースへの接続

・インターネットへの接続

Oracle Services network (OSN)への接続

を実施してみます!

・VCNリソースへの接続

SDDCの詳細画面より「VCNリソースへの接続を構成」をクリックします。 

以下の情報を設定します。

SDDCワークロードネットワークの設定(OCVS内の仮想マシン[ゲストOS]が使うネットワーク)

SDDCと接続したいVCNサブネットの選択

    NSGの追加

 

以上でSDDCVCNリソースの接続設定は完了です。

 

・インターネットへの接続

SDDCの詳細画面より「NATゲートウェイ経由でのインターネットへの接続を構成」をクリックします。

配置VCN内にあるNATゲートウェイが選択され、それに関連するルート表とNSGルールが作成されます。

 

以上でSDDCNATゲートウェイ経由のインターネット接続設定は完了です。

 

・Oracle Services Network(OSN)への接続

SDDCと他のOCIサービスを接続するためには、

SDDCの詳細画面より「Oracle Services network への接続を構成」をクリックします。

配置VCN内にあるサービスゲートウェイがが選択され、それに関連するルート表とNSGルールが作成されます。

SDDCのワークロードのCIDRを指定します。

ルート表を設定します。特に変更が無ければ指定された設定のままで問題ありません。

NSGについても、特に変更が無ければ指定された設定のままで問題ありません。

以上でSDDCOracle Services networkの接続設定は完了です。  

 

これで、SDDCと各ネットワークを接続することができました!

本来は煩わしいネットワークの設定についても、OCVSを利用すれば非常に簡単に設定できます!!

今回はここまで

前半ではOCVSのデプロイと各リソースとの接続方法を、ご紹介いたしました。

 

OCVSを利用することで、非常に簡単にSDDCを構築することが可能です。

必要となるコンポーネント(vCenter、NSX、HCX、ESXiホスト)は自動作成され、ネットワーク関連の設定もセットアップウィザードに従って進めることで簡単に設定が可能です。

 

次回の記事では、以下の手順をご紹介予定です!

VMware vSphere Client接続

VMware 新規仮想マシン作成

⑤各ネットワークへの疎通確認

 ・VCNリソース接続

 ・インターネットへの接続

 ・Oracle Services network (OSN)への接続

後半へ続きます!

後半の記事はこちら

 

今回の記事は以上になりますが、

弊社では、他にも検証記事やクラウド移行に関する記事を作成しています。